So-net無料ブログ作成
検索選択

「食べても痩せる」消化酵素がたっぷり!「スルスルこうそ」飲んでみたよ♪ [美容系商品レビュー]

menu07.png lu.jpg menu01.jpg menu05.png menu04.png menu06.png
menu10.png menu09.png menu01.png menu02.png menu03.png menu08.png



「ファスティングダイエット」って、酵素を利用した断食ダイエットが流行っていますが、
これがまた、普段しっかり食べてる派の私にとっては、
朝食抜くぐらいでいっぱいいっぱい。。。


これが3食、3日、なんて考えただけで、無理ー!!!
ってなってしまう、根性なしな私にとって、
「食べながら痩せる」っていうのはかなり嬉しいポイント。


そんな商品があればなーー、無いかなーー?!とチェックしてるわけなのですが、
今回私が飲んでみることにしたのは、管理栄養士さんが全面監修したという「スルスルこうそ」。






「植物性発酵素材」を使った、本物のいきてる酵素、らしい。

他の酵素商品と何が違うのか?
どんな効果があるのか、まとめてみましたのでご紹介したいと思います♪

 

ジョイライフ 「スルスルこうそ」


「スルスル酵素」は、私がすごく気に入って飲んでいた、
黒烏龍茶の「スルスル茶」と同じ会社が発売しています。




>>最高ランクの発酵茶!油と脂が流れる真っ黒い『スルスル茶』飲んでみたよ♪


黒ウーロン茶とプーアル茶の脂を落とす力を利用して
余計な油分を吸収させないようにしてくれる商品♪

味も美味しかったし、何よりほんと脂っこい物ばっかり食べてる私には、
「効いてる!」
っていう実感がすごくあったんですよねー♪


そんな「スルスル」シリーズの、「スルスルこうそ」、ずっと試してみたいなーって企んでいました♪w

というのも、こんな動画が公式サイトで公開されていたんですよねー。





↑ 酵素が炭水化物を溶かしてスルスルにしている動画!

胃の中で、食べた食べ物を酵素がしっかり働いて溶かしてくれる、というダイエット法。
炭水化物を抜くダイエットも昔から流行っていますが、
私・・・お米を抜くのが、ほんと無理です。。。お米大好き;;


そんな炭水化物抜けない方に、「スルスルこうそ」が効いてくれるというわけ♪
「スルスルこうそ」はこんな人にオススメだそうです♪ ↓

srs09.jpg


私、9のお酒意外全部当てはまる。。。
あなたはどうです?><;



srs05.jpg


こちらが、「スルスルこうそ」約1ヶ月分、62粒入りです♪
定期購入して、3300円(税抜)、単品購入だと4125円(税抜)です。


では、「スルスルこうそ」のどんな成分が「スルスル」と効いてくれるのか、
まとめていきますね♪


スポンサーリンク





「スルスルこうそ」の成分は?


srs01.jpg

【原材料名】
穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、ビール酵母、
野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、乳酸菌(殺菌)、
ゼラチン、カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・リンゴ・ゼラチンを含む)


「スルスルこうそ」は、1日2粒~12粒目安で、水などと一緒に飲む商品です。
公式サイトによると、「健康補助食品なのでお茶やジュースと一緒に飲んでもOK」との事でした♪


srs03.jpg


64粒入りなので、2粒ずつ飲めば、約1ヶ月分、ですが、
12粒飲むと、5日足らずで飲みきってしまいます。
公式サイトをチェックしてみると、2粒~6粒が推奨になっていました。
早く効果を体感したい場合は、12粒飲むのが早めに実感出来るかもしれませんね。
なんでもサプリは、飲み始め多めに飲むのが体感しやすいので。


srs02.jpg


カロリーは、2粒飲んだ時で、2.98kcal。
カロリーは気にする必要なさそうですね♪


「スルスルこうそ」の効くポイント!小麦発酵エキスと消化酵素


srs07.jpg


「スルスルこうそ」は、
小麦の外皮をベースとした植物性発酵素材、「小麦発酵エキス」を使用しています。

これは「消化」に着目した成分で、5つの消化酵素を含んでいるらしい。

消化器官内に存在する「ヒトには作れない酵素」のセルラーゼをはじめ、
5つの消化酵素の働きについても、冊子の中で詳しく載っていました。

【消化酵素】
アミラーゼ→でんぷん、グリコーゲン、多糖類の炭水化物を細かい単位へ分解する。
セルラーゼ→セルロースとキチンを分解。野菜や果物の細胞内に含まれる栄養素の開放に役立つ。
リパーゼ→脂質を分解し、脂質の利用促進する。胆嚢の正常な機能を助ける。
プロテアーゼ→タンパク質を分解し、免疫機能を助ける。
ラクターゼ→ラクトース(乳糖)を分解。乳糖不耐症の改善に有効。


これだけの働きをしてくれる消化酵素が入っているので、
身体のめぐりをスムーズにしてくれる、というわけなんですねー。


srs08.jpg


さらに、なんと1粒に500億個の乳酸菌が配合されており、
善玉菌がしっかり腸内環境を整えてくれる!
ちなみに、500億個、って、ヨーグルト5個分の乳酸菌なんですって。

1粒でその配合量なら、12粒飲んだ時、ちょっとお腹ゆるくなるかもしれないですね。w
最初は少なめで、どれぐらいの量がちょうど良いか、考えてみるといいかもです。


ちなみに、以前腸内環境について調べてみて知ったのですが、
腸内環境が悪化すると毒素が溜まりやすくなって、
排出されない毒素は、腸から血液に、そして皮膚へと流れてしまうそうです。。。

そうなると皮膚には炎症やニキビ、吹き出物が出てしまう事になり、大変なことに;

きっちり排出するっていうのは、単なる「太らないため」では収まりきらず、
美容の面から見ても、健康の面から見ても、大事なポイントなんですよね。うんうん。


スポンサーリンク





「スルスルこうそ」の見た目、飲みやすさ


srs04.jpg

srs06.jpg


「スルスルこうそ」は茶色のカプセルタイプ。
大きさは一般的なカプセルと同じで、飲みにくさ等はありません♪

匂いは、なんでしょうか、なんかちょっと麦茶みたいな?野菜?みたいな匂いはします。

でも、「臭い!!」っていうような物ではなく、
普通に息止めて飲んだら、全く感じないレベルです。


次に、味ですが、
舌の上に乗せてみても、特に味がしません♪
カプセル系は味がしなくて、飲みやすいんですよね♪
錠剤タイプだと、舌の上に乗せると、
やっぱりちょっと原材料特有の味が染み出てきたりするんですけど、
カプセルだとほとんど無味といえるレベルで有り難いです♪


私は早く体感したかったので、
1日6粒前後、その日の食事内容に応じて飲む量も若干変えていました。
6粒飲んでも、「お腹がゆるくなりすぎて困った」なんてこともなく、
毎日スッキリいい感じで続けることが出来ましたよ♪
便秘気味の方は、多めに飲むのもオススメですねヾ(*´∀`*)ノ♪


「スルスルこうそ」を10日間飲んでみた感想


私は1日6粒前後、約10日で飲みきりました。
朝はスムージーだけなんで、飲まず、
昼、夜の食前に3粒ずつ、が基本。


ちなみに!飲むタイミングは、公式サイトによると「食前」が良いそうですよ。

【飲み方】
お勧めの飲み方を教えてください。
A.
食事の前に、ぬるま湯で飲んでいただくのが一番お勧めです。
酵素は消化に必要なため、食前にお飲みいただくのをお勧め致します。
※健康食品の為、決まった用法容量はありませんが、
弊社では1日2粒~6粒を推奨させていただいております。


とのことです♪
ついついこういう系の商品って、食後に飲むのかなーって思ってしまうんですが、
意外にも「食前」。ここはこれから飲む方、ぜひ覚えておいてくださいね♪


10日程飲んでみて感じた事は、「毎朝お腹がスッキリ!」という事♪
外食が多くて、炭水化物を好む私にとって、
酵素不足をしっかり補い消化出来る酵素は必要不可欠。><

酵素を毎日補ってあげる事で、
消化を助け、身体から毒素を排出し、代謝を上げてくれるわけで、
私達30代のママ世代には絶対必要になってくる成分。


どんどんイラナイ物排出して、肌もキレイに!身体もスリムに!!なるぞー!!


気になる方は、公式サイトもチェックしてみてくださいねー♪

スルスルこうそですっきりな体へ





 


【ブログ内カテゴリ】*****************************
奈良のグルメ・遊び場

商品レビュー
 ●スイーツ >スイーツパスポート >お取り寄せ >コンビニスイーツ
 ●食事 >ランチパスポート
 ●サービス >ファンくる
 ●家電 >ネスカフェバリスタ >ミシン
 ●iPhone >SIMロック解除
 ●服/靴/小物 >ヒラキ >入園式・入学式ママスーツ
 ●その他

美容系商品レビュー
 ●美容/コスメ/サプリ
 >基礎化粧品 >洗顔 >コスメ >飲む系商品 >>サプリ >>スムージー  








nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。